「愛がいちばん。」のアイフルグループ
リースバックで
ゆとりある人生設計を

スクロール

リースバックとは

リースバックとは、ご自宅を売却して現金化し、売却後は家賃をお支払いいただくことで、ご自宅に住み続けることができるサービスです。住み慣れたご自宅で生活しながら、まとまった資金を調達することが可能です。一般的な売却と比較し、短期間での資金調達が可能であり、売却後にご自宅を買戻すことも可能です。

リースバックのメリット

  1. ポイントポイント
    1

    売却しても、そのまま住める
    AG住まいるリースバックにご自宅を売却いただいた後でも、家賃をお支払いいただくことで、そのまま住み続けることが可能です。

  2. ポイントポイント
    2

    将来、買戻し可能
    AG住まいるリースバックに売却いただいたご自宅は、将来お客様が買戻しいただくことが可能です。買戻しの期間に制限はなく、いつでも買戻しいただくことが可能です。

  3. ポイントポイント
    3

    売却代金の使い道は自由
    AG住まいるリースバックをご利用いただいた場合、売却代金の使い道は自由です。ローン返済・老後の生活資金など、様々なシーンでご活用いただけます。

  4. ポイントポイント
    4

    固定資産税・火災保険料0円
    AG住まいるリースバックをご利用いただくと、ご自宅の固定資産税・火災保険料の負担がなくなり、月々の家賃の支払いのみで住み続けることができます。

  5. ポイントポイント
    5

    ローン未完済でも申込可能
    AG住まいるリースバックは、住宅ローン・キャッシングなどの借入れがある方にもご利用いただけます。収入の減少などによりお支払いが困難になった方や、抵当権がついている場合でも申込可能です。 ※残債金額によりお取扱いできない場合もあります。

リースバックのデメリット

  1. ポイントポイント
    1

    通常の売却より安くなる可能性がある
    リースバックをご利用いただいた場合、通常の不動産売却時と比較し、売却額が低くなる傾向があります。
  2. ポイントポイント
    2

    家賃の支払いが発生する
    リースバックでは、売買契約と賃貸契約を同時に行います。売却いただいたご自宅の所有者がAG住まいるリースバックとなるため、毎月の家賃が発生します。
  3. ポイントポイント
    3

    所有権が変わる
    リースバックをご利用いただいた場合、ご自宅の所有権はAG住まいるリースバックに変わります。ただし、買戻しいただいた場合、所有権はお客様に戻ります。

リースバックの利用例 -売却資金のお使い道自由!-

住宅ローンの完済に

  • 住宅ローン・カードローンの返済が負担になり、債務を解消したい。
  • 自宅の売却を検討したが、住宅ローンの残債があるため難しい。
  • 住み慣れたわが家を離れたくはない。

リースバックを利用すれば、ご自宅を離れることなく売却し、住宅ローンなどの完済が可能です。
※残債金額によりお取扱いできない場合もあります。

老後資金の確保に

  • 子どもたちが独立したので、住み替えのためにまとまったお金を確保したい。
  • 自宅の売却を検討したが、住宅ローンの残債があるため難しい。
  • 自宅を離れず、ゆっくり引っ越し準備がしたい。

リースバックを利用すれば、ご自宅に住んだまま引っ越し準備が可能です。
リースバックをご利用いただいた売却代金は使い道自由で、様々なシーンでご活用いただけます。

ご利用までの流れ

  1. 1

    お問合せ

    無料査定もしくは電話でご連絡ください。
    かんたんシミュレーションから事前に申込み可否を確認することも可能です。
  2. 2

    担当者からご案内

    AG住まいるリースバックの担当者より、仮査定結果と本査定の日程調整をご案内いたします。
  3. 3

    物件の査定

    AG住まいるリースバックの担当者が訪問させていただき、物件の査定を行います。
  4. 4

    契約・入金

    条件面でご満足いただけましたら、売買契約・賃貸契約を締結し、売却代金をお振込みいたします。

よくあるご質問

年齢制限はありますか?
特に制限は設けておりません
リバースモーゲージとの違いは何ですか?
リバースモーゲージは、自宅を担保にお金を借りるローンです。一般的に、契約者の死亡後に自宅を売却し、その代金で残債を一括返済する仕組みになっています。
いつまで住むことができますか?
お客様が希望すれば、賃貸契約期間中住み続けることが可能です。

お知らせ

  • 2022年04月01日(金) リースバック事業を開始